葵友会新潟支部ブログ

東京経済大学・葵友会新潟支部の最新情報を掲載するブログです。

2008年望年会レポート

2008.12.11 Thursday | 総会・望年会報告

去る12月7日、恒例の支部望年会がホテルオークラ新潟にて開催されました。参加者は総勢43名。日曜の昼間開催という初の試みで、休日のお昼ならではのゆったりとしたムードの中のスタートとなりました。

従来の「企業PRコーナー」は、今回から企業に関わらない「何でもPRコーナー」へとジャンルを拡げ、展示されました(趣味やボランティアなど、PRしたい内容がある方は、今後も総会・望年会にて積極的にPRしてください)。

壁面には60周年記念行事をはじめとする今年の支部活動を振り返る写真の数々が、小笠原支部長により掲示されました。支部長からは、この1年の積極的な支部活動に対する感謝の言葉と、その活動について、全国支部長会議でスピーチしたとの報告がありました。

「なんでもPRタイム」では、寺尾綾(S49)社長のさくら製菓が製作する「カレーかきもち」が全国菓子大博覧会において農林水産大臣賞を受賞された話題を披露、それを受けた小林均氏(S55)からは「ウチ(「十日町小嶋屋」)もかつて農林水産大臣賞を受賞しております(笑)」。さすがうまいものどころ新潟らしい話題で盛り上がり、両社からはそれぞれ、受賞のかきもちと蕎麦の詰め合わせが参加者にプレゼントされました。

会の中心はテーブル毎に自己紹介や今年の話題を披露する「テーブルスピーチ」です。相変わらず規定時間には収まらない盛り上がりで、自己紹介とそれにまつわる質問が飛び交っていました。

さらに、有志の皆様ご提供の「景品ジャンケン大会」、「奉納カンパ」でさらに盛り上がり、新旧校歌斉唱で中〆となりました。

平成卒の行事参加が約3割を占める新潟支部では、望年会を若い会員が中心となって企画運営をしておりますが、今回も前田大介氏(H16)がコーナー司会を初めて担当するなど、その若手の中でも世代交代が行われつつあります。  

続く二次会では、一次会からの15名に、三条から駆けつけた新卒の岩本浩佑氏(H20)が加わり、もうひと盛り上がり。今後の支部について熱く語る一幕あり、支部でグアムツアーを企画しよう!などという提案あり、で、来る年に希望を持てるひと時となりました。


【出席者】平石仁(S23)、黒坂季之、包三治(S35)、水島直治(S36)、斉藤正雄、中山裕、吉田澄男(S38)、児島正、外山哲雄(S39)、当野昇治、栗原優子(S40)、小笠原征夫、白井亜久、室橋重徳(S41)、北條敏英(S43)、佐藤実(S45)、小林眞一(S46)、鈴木和夫、山本等(S48)、寺尾綾、吉村晴五、片野正紀(S49)、早津修(S50)、駒野忠宏、早津裕子(S53)、小林均(S55)、高橋伸彰(S60)、片野悟(S61)、古川公一(S62)、長谷川克一(H1)、出口卓哉(H3)、相田義光(H4)、小嶋英明(H6)、亀貝太治(H7)、山木勉(H8)、倉重保久(H9)、阿部貴樹、阿部順子、野上達哉(H10)、五十嵐義之(H13)、前田大介(H16)、浅見孝幸、長谷川宙(H19)、岩本浩佑(H20)

08bounenkai.jpg
author : kiyukai-niigata | comments (155) | trackbacks (0)