葵友会新潟支部ブログ

葵友会新潟支部の最新情報を掲載するブログです。

岩室温泉で新潟支部「芸人」コンビが大活躍

2012.01.06 Friday | OB・OGのニュース

今年の元旦に、岩室温泉ほてる大橋で開催された「ニューイヤーコンサート」。ここで金源亭馬けん(本名:櫛谷正春氏:昭和44年卒:落研出身)と、お馴染のバルーンパフォーマンスの大道芸人・えんじぇる(本名:藤田和久氏:平成11年卒)の東経大コンビが『新春初笑いステージ』を開催。「落語」と「バルーン」のふたりの絶妙な演技に、満員の観客から大喝采をいただいたそうです。
藤田氏のブログ(→リンク)もぜひご覧ください。
author : kiyukai-niigata | - | -

講演「大倉喜八郎の生き方に学ぶ」のお知らせ

2012.01.05 Thursday | -

明けましておめでとうございます。
本年も葵友会新潟支部を何卒宜しくお願いいたします。

講演会のご案内です。

来たる1/18(水)に、ホテルオークラ新潟において、『大倉喜八郎の生き方に学ぶ』講演会が開催されます。これは、大倉翁ゆかりの大成建設グループが、「第11回タイセイフォーラム」の行事として開催するもので、この度、同社から新発田の「大倉喜八郎の会」事務局長内本隆氏(S48)を通じ、「葵友会新潟支部」へ、参加の呼びかけとご案内がありましたので、以下にご案内いたします。


第11回タイセイフォーラムin北信越
砂川幸雄(すながわゆきお)氏講演会
『大倉喜八郎の生き方に学ぶ』

日時:2012年1月18日(水)16:45〜18:15
場所:ホテルオークラ新潟・4階コンチネンタルの間
   新潟県新潟市中央区川端町6丁目53
入場料:無料
参加お申込:下記いずれかにお電話にてお申込ください。
出口幹事長:090-3063-1685
山本支部長:090-3147-2655

内容:
『大倉喜八郎の豪快なる生涯(1996・草思社)』の著書で作家・編集者の砂川幸雄氏をお招きし、大倉喜八郎の生き方を学ぶことができる貴重な会です。
砂川氏は、昭和初期の六大財閥(大倉、三井、三菱、住友、安田、古河)の中心人物の伝記をすべて執筆されていますが、なかでも
「格別に面白く愉快で素晴らしい人物は大倉喜八郎である。大倉喜八郎の波乱万丈かつ劇的な生涯から多くのことを学び取り、自分を豊かに出来るヒントを得ることができる。また、大倉喜八郎の生涯の趣味である狂歌からも生き方のヒントを学ぶことができる」とおっしゃっています。
author : kiyukai-niigata | - | -